スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISRまとめ6

一応いつも通りにISRまとめ。
今回は日常編で攻めました。なんか違うのがあるけど。

あと今回からタイトルにリンク貼る事にします。

第21話 「夢も現も言の葉に乗せて」
・はっきり言いますが基本この話に関してはノーコメントとさせてもらいます。
・この話は真相や設定に関しては基本的に金輪際伏せていこうと決めました。元より完全に趣味に走った内容であり最悪世界観を崩壊させてしまうので、その一切をここでも明言しないこととします。
・あえて言うならば、「この世には不思議なことなど何もない」。この言葉をもって、今回の解説は締めさせていただきます。

第22話 「迷えるふたり sideB」
・流石に忍だけにスポットをあてるのもどうかということで申し訳程度の一夏中心櫂。本当に申し訳程度となってしまいました。
・若干展開的にも強引なところがありますが、本来冒頭会話程度にしておきたかったので、半分仕方なくこのような形となりました。
・実際のところ、女性の目線のほうがよりシビアなので、弾の工業校理論はこの場合に関しては通用しませんが、実際は一夏はすごくモテる男なのに朴念仁なので、多少強引な理屈ではあるにしろこうでも言っておかないと本当に無警戒ですから。
・基本的に一夏の恋愛感はもうあれです。「お前の勝手なイメージを俺に押し付けるな!!」

第23話 「迷える二人 sideG
・こちらは打って変わって箒中心。基本的に箒の独白がメイン。
・キャプションにもありますが、一度書き始めたら止まらなくなり、そのままの勢いで1話丸々書き上げてしまった所謂「渾身の一作」。すごく捗りました。
・箒というキャラクターの基本コンセプトは「自分に自信が持てない女の子」というスタンス。ここら辺は割と真面目な話1期のアイチきゅんに影響された節もあるかもしれません。
・「男女」と呼ばれ蔑まれた経験が間接的に影響し、本人の自覚もあって結果としてこのような形となってしまったのではないか・・・と私個人は勝手に思っています。
・ただ、こういうイジメ方をするやつって大概思春期始め特有の「アレ」じゃあないかなあ、というのが私の説。それに関するお話はまた後日改めてやる予定。

第24話 「更識楯無の暴走 紅蓮篇」
・こちらは生徒会の日常回。といっても忍のおかげで大分原作と乖離していますが・・・
・忍のチートぶりは最早ありえないレベル。まあ、実際は半分ギャグ補正がかけられておりますが。
・個人的意見なのですが、楯無のような場を引っ掻き回して騒動を呼び込むキャラは大好きです。存在だけで導入になりますし、なにより書いていて楽しいし動かしやすい。なんというか萌えとは別の概念で好きなキャラです。
・楯無の暴走にうな垂れる忍とセシリア。この二人の苦悩は如何ばかりか・・・

第25話 「更識楯無の暴走 螺巌篇」
・なんで前後編表記にしないかって?ただ単にそれじゃつまんないと思っただけで意味はありません。
・この話で既に決めていたのは「一夏達のチームの優勝」と「篠ノ之兄妹暴走の巻」の二つだけ。よくここまで書けたもんだよ。
・強引な展開その2.正直忍の妄想部分が少なすぎた気がします。
・そして暴走する双子。正直ここはヘルシングのヤンコビック弟の台詞を使おうかどうか迷いましたが、死亡フラグになるので却下。
・今回は完全なネタ櫂です。ネタしかありませんしおふざけしかしていません。
・アクションのイメージソースはスティーブン・セガール、デビルメイクライ、ベヨネッタ等。実際奥ゆかしい。

これにて日常回は終わりで、次がようやく原作2巻突入。でも正直これも今までより長いものになるかと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豪商院影正

Author:豪商院影正
広島県在住。年齢不詳。性別男。
以上!(おい)

リンク、ブロとも大歓迎。
いつでもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。