スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死刑とは何か

この記事ですが、やたらツイッターにいる連中というものは誰かを集団で叩きたがるようで。

死刑とは、刑罰の一種である。
そのそもそもは、政府がその権力をみせつけ、民衆を服従させるために生み出されたものだ。
だから昔は大体が公開処刑だ。
はっきりと言おう。死刑とは大変不合理なシステムだ。

そもそも刑罰における最終的な基本定義とは、「その刑罰を終えたら全て許される」ということだ。
「罪」というものを帳消しにすることを目的に刑罰は存在する。
しかし、しかしである。被害者の、個人というものの感情はそうもいかない。
刑罰を終えて尚、恨みというやつは残る。
だから、死刑を無くしたほうがいいと私は思う。
たとえ死刑が執行されても、被害者側がその事件から抜け出す事ができなければ何の意味も無い。
だったら、加害者を生かしておくべきだ。
加害者に被害者側の恨みつらみ、そんなものをぶつけていけばいい。それくらいやったっていいはずなのだ。恨んでいるなら、例え殺しても何の意味も無い。生かして苦しめておくほうがいい。

そして、なにより重要なのは、被害者側が事件から開放されるということは、許すということど同義なのだ。
許すことを一度できれば、確実に楽になれるのだ。
でも、それでも人は許さないほうを選ぶ。
それによって過去のことになることを恐れるから。自分の苦しみが忘れ去られるのが怖いから。
でも、気づいて欲しい。
自分を苦しめる必要なんて、本当は何処にもない。
スポンサーサイト

テーマ : 政治
ジャンル : 政治・経済

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【死刑とは何か】

この記事ですが、やたらツイッターにいる連中というものは誰かを集団で叩きたがるようで。死刑とは、刑罰の一種である。そのそもそもは、政府がその権力をみせつけ、民衆を服従させ...

コメントの投稿

非公開コメント

ほんとにそうですね…!

結局相手がいなくなっても、自分の中のわだかまりも痛みも恨みも憎しみも、みんな残ってるんですものね…。
そういうのって、相手より、自分と向き合うしかないんだよなぁ。苦しくても。
でもきっと、私も本当に人を憎むくらいの出来事があったら、何も考えられなくなるんだろうな、とかも思います。
万が一そんなになった時、どんな風に行動できるのか、それがおかしな事にならないように、心がけておきたいです!
なんかもう心がけとか役に立たなかった!とかでもとりあえず!(笑)

Re: ほんとにそうですね…!

>輝志回生さん
そうですよね。心がけだけでもやっておくべきです。
確かに無意味かもしれないけど、それでも大いに変わってくると私は思うんです。
人はいつだって死ぬかもしれない。だから、それだけはしておくべきなんですよ。
メメントモリ。こいつは忘れないでいるべきです。
プロフィール

豪商院影正

Author:豪商院影正
広島県在住。年齢不詳。性別男。
以上!(おい)

リンク、ブロとも大歓迎。
いつでもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。