スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AGEの失敗はもしかしたら

製作者ではなくむしろ視聴者側にあったのではないか・・・と考えないことも無い。
今の時代、インターネット上で感想や意見はすぐに多くに広まる。
多くの人間に見られることもあれば誰もみることなく終わるものもある。
しかし、どちらにせよ意見を誰でも簡単に広める事が出来るような時代になっているのは間違いない。
で、それがどういうことなんだ、と言うとそういった意見は場合によっては製作者側にも伝わることもあるわけである。
そもそもAGEは最初から否定的に見られ、それが結果として放送期間短縮を呼んだ。
そこがそもそもいけなかったのかもしれない。
最早終わったことだし実際どうなのか、今となっては知る由もないが、昨今の情報社会というやつが我々の意見をより強力なものに変えていったのは間違いないと思う。
昔と違って、匿名で好き放題何でも言えるようになったこの時代で、『視聴者』という概念がもはや番組の『外』の存在であるとは最早いえなくなりつつなり始めている気がする。
前にピクシブで「視聴者のせいで駄作になったかもしれないけど反省する気はない」なんて感じの文章を読んだけど、正直人としての道徳性とか責任感だとかがネットによって薄れ始めているのを実感したような気がして正直恐くなった。
視聴者もまた、自分達の意見に責任を持つべき時代になっているのかもしれない。
「個とは弱いけど無力じゃない、むしろ世界を壊すほど危険な存在なの」(MGS2)
この言葉の、その意味を、今一度考えるときが来ている・・・と言ったら、流石に大げさだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムAGE
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豪商院影正

Author:豪商院影正
広島県在住。年齢不詳。性別男。
以上!(おい)

リンク、ブロとも大歓迎。
いつでもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。