スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追加設定なのら~

今回はディーノとボンゴレに関するあれやこれの設定でおま。




ディーノ
IS学園イタリア語教師。
しかしその正体はイタリアンマフィア、キャッバローネファミリーのボスである。
部下がいるときは非常に強いが、一人だとてんで役に立たないある種究極のボス体質なのも原作どおりである。
『表向きの裏の理由』は、ボンゴレ雲の守護者である一夏の監視だが、『裏の裏の理由』はツナに頼まれて雲雀の修行相手として学園に現れた。
ちなみに、一夏はディーノを師匠と認めていない。

ロマーリオ
ディーノの右腕といえる男で、キャッバローネファミリーの幹部。
本編には出ていないが、実は彼の奥さん(イタリア人)がIS学園の教師をしている。
ディーノが普通に強いままなのはこのため。

ヒバード
一夏の愛鳥。
フゥ太による一夏の大事ランキングでは現在2位(1位は箒)。
箒が一夏の居場所を知るための重要な手がかり。
雲雀さんの鳥だからヒバードなので、本来なら名前が変わっているはずだが、作者が考え付かなかったため名前がそのままになっている。
箒にもなついている模様。

ボンゴレファミリー
いわずと知れたイタリア最大のマフィア組織。
9代目は隠居し、今はツナが名実共にボスである。
雲の守護者が一夏であること以外は原作のまま。
ボンゴレギアも、完全に原作と同じである。

10年後の世界について
10年後の世界では、ボンゴレ匣など、大まかな要素は原作と同じだが、唯一『ISが匣兵器と併用して使われた』という点が異なる。
白蘭の能力によって、男性でも使えるISと、コアの製造方法(『白蘭が』ISを開発した世界のもの)の基本理念が数ヶ月で完成し、ミルフィオーネはそれを利用して世界に優位に立っていた。
死ぬ気の炎や匣兵器と併用されたISは通常の世代分けの更に上位の存在といえ、男性でも使える、という数のアドバンテージもあり(更にモスカ系の技術を利用した無人機も含まれている)、この世界のツナたちの戦いは更にハードだったといえる。
しかし、正一やスパナがミリフィオーネを裏切ったこともあり、ボンゴレ守護者専用IS、『インフィニット・ストラトス バージョンボンゴレ』、通称ISVが完成した。
なお、ISVはチョイス戦などでも活躍した。
最終的にはツナが勝利し、ISVに関しては行き過ぎたオーバーテクノロジーということもあり、未来の世界に置いていった。
ただし、現在未来の記憶を受け取ったスパナたちが、ボンゴレギアに合わせた更なる進化型ISVを開発中である。
束の動向は不明だが、何らかの理由で動けなかったと予想される(死亡は確認されていない)。
因みに、ISVはボンゴレアニマルとの形態変化(カンビオ・フォルマ)で展開されるようだ。



・・・10年後をかなり書いたなあ・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作小説(版権もの
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豪商院影正

Author:豪商院影正
広島県在住。年齢不詳。性別男。
以上!(おい)

リンク、ブロとも大歓迎。
いつでもどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。